やりたい事は今から始めよう!
仕事

【飲み過ぎ】二日酔いで仕事に寝坊してしまった時の会社への連絡方法

お酒を飲む人なら殆どの人が体験したであろう「二日酔い

次の日が休みであれば最悪予定を飛ばしてでもゆっくり身体を休めることが出来ますが、社会人ともなると、翌日が仕事でもついつい会社関係や友人のお誘いで飲み過ぎてしまう事もあると思います。

また、仕事の日に二日酔いで寝坊してしまうという事はもっとも最悪な事態の一つだと思います。

今回は、二日酔いで寝坊した際の会社への連絡の際に気をつけておきたいことついて書いていきたいと思います。

ついつい飲み会が楽しくて飲み過ぎて「二日酔い」になる事は殆どの人がある??

社会人になると、仕事が忙しく、なかなか「仕事」と「プライベート」と「休息」のバランスがうまく取れないものです。

特に、仕事が忙しく「ちょっと今日は疲れているな」という日に限って飲み会があったり突然のお誘いがあったりするものです。。。(なんでなんでしょうかねホント笑)

そんな中でついつい話しながらお酒を飲んでしまうと、どうしても飲み過ぎてしまうんですよね。

「飲み過ぎ」「二日酔い」は事前に対策を取っておく事も大事

飲み会に何度も参加されている方は、ある程度自分の酔うまでの程度がわかってくると思います。

その中で、飲み会が多く二日酔いで翌日の仕事に支障をきたしてしまう事もあるかと思います。

エカス二日酔い防止サプリ

普段から飲み会が多い方は、普段から二日酔い対策としてサプリメントを摂取しておくのが一番いいです。

二日酔いはなって初めて後悔するものですが、二日酔いになった時の「絶望感」は計り知れないものがありますからね。ジョへーも何度も飲み過ぎて失敗した。

飲み過ぎて寝坊してしまった際のリアルな体験談

飲み会が盛り上がるとついつい翌日の仕事の事よりも、今目の前にある飲み会が楽しくなっちゃいますよね。

そうなると、飲み過ぎてしまって翌日までお酒が残るどころか、翌日の起床時間に起きれないという事態も発生してきます。。。

こういった経験がある方もいるのではないでしょうか。

実際に、ジョへーが起こした最悪の事態が以下のようになります。

前日は深夜の3時ぐらいまで飲んでいました。(久々の友人で友人は休暇中でした。)

仕事の始業時間数分前に起床。(もう絶対間に合わない)

正直者のジョへーはすぐさま会社へ遅刻する旨を連絡。「すみません、寝坊したので今から行きます。」

上司から理由を聞かれたので、「あの、、、飲み会で。。。」と言うと、

すぐさま怒鳴り声が電話口から「何やってんだよこのやろーすぐ出てこい!!!」

結局出社するも二日酔いで気分は悪いし、上司にも怒られるし、結局お酒の匂いがひどいということでその日は退社しなさいという指示が出て早退扱いに。

〜結果〜

絶望だけが残った。。。

割とマジで最悪でした。こればっかりは0対100で僕に何の弁解の余地もありませんでしたからね。。。

ちょっと厳しい会社だと始末書や減給などの何らかの処分もあったかも知れませんね。

飲み過ぎて再起不能な状況になったらあえて体調不良を使って休む方がいいかも?

上記の体験談に追加すると後で先輩から、

「そこまでやばかったら体調不良で休んだ方がかえって怒られなかったと思うよ。」

という事でした。

確かに、体調不良であれば最悪「熱がある」ということにしておけば、心配はされずとも「体調を良くして明日からまた元気に働いて欲しい」と上司や会社は考えるかもしれません。

・当日休んでも翌日に仕事が回せる場合は思い切って休む

・どうしても当日にしなければならない仕事がある場合は「半日」休む※但しお酒の匂いが残る状態では出社できませんので最悪終日欠勤になる場合がある

結果的に、正直に報告し、フラフラな状態で出社し雷が落とされ心も体も満身創痍な中、帰宅するぐらいであれば最初から「休む」という選択をしておいたほうが良かったのかもしれません。

また、二日酔いでも時間通りに出社すれば、大体の会社では注意されることはあるかもしれませんが、よほど仕事中使いものにならない場合を除けば「笑い話」になるケースが非常に多いように思います。

遅刻って本当に厳しく怒られるよね・・・

※但しこれは、会社との普段からの信頼関係や普段から問題なく出勤しているということなどは最低限の条件だとは思うので、あくまでの最悪の事態の回避方法の一つに過ぎないとご理解ください。

やっぱり飲み過ぎには注意

色んな対策や、最悪の事態での回避方法などはありますが、基本的には「飲み過ぎ」事態を回避することが一番いいですよね。

流石に今の時代、「一気飲みの強要」や「アルコールハラスメント」というものは、実際に救急車で運ばれて最悪の事態に至るという事例も紹介されていることから、身近には聞かないです。

基本的にお酒は自分で対策とコントロールをしないといけないですよね。

ついつい、一緒に飲んでいる人とペースを合わせてしまうと目も当てられない状況になりますから。。。いや、僕は何度かこういうやばい状況になったんですけど(笑)

飲み会のシーズンになってきたらどうしてもお酒の量が増えちゃうと思いますが、自分の飲める範囲で楽しく飲みましょうね!