やりたい事は今から始めよう!
YMS2019、ワーホリ

実際に海外に来てみてインターネットだけでは決して知ることが出来なかった事

インターネットで調べれば何でもわかる時代になりました。

外国の事だって、文化だって、流行だって何でもインターネットひとつあれば知る事が出来ます。

僕はインターネットで調べた事は半分正解で半分不正解だと実際に外国であるイギリスに来て思いました。

1ヶ月前にイギリスにワーホリで来たのが初めての海外でした。海外旅行すら経験した事がありませんでした。

結構周りからは「初めての海外が居住になるってすごいね!!笑」という反応でしたが、田舎で生まれた僕にとっては兵庫県から大阪や東京に行く時と同じ感覚ですよね。まぁ確かに言語は違いますけど。

そんな中で、インターネットだけでは知る事がなかったことについて書いていきます。

※具体例もいくつか挙げていきますが、今回は「物事は体験してみないとわからないと思う」という方向で書いていきたいと思います。

インターネット小僧で頭でっかちになっていた自分が働いてみて思った良い点と悪い点

そんな僕なので、日本にいた時に暇さえあれば、インターネットで「海外について」調べていました。

調べた結果、「外国っていいな」という漠然としたイメージだけが妙に自分でいい解釈をしてしまって、「日本はこうだから問題だ!」と思っていた自分がいます。

例えば一般的に言われている日本での仕事のよくない点を言えば、

・細かい

・無駄が多い(しなくてもいいことに注力する事が多い)

・集団圧力がある

・無駄な残業がある

・上下関係が厳しい

などでしょうか。

この辺に関しては僕も実際に日本で働いていたので感じることは色々ありましたが、実際に海外ではどうだったかを外国人と働いてみた率直な感想を書いていきます。

・確かに細かい事や無駄を嫌うし、早く帰りたいという人が基本だから、無駄な残業や無駄な作業はない。(後述)

・集団圧力に関しては、微妙なところで一定数の人に嫌われたりするとあまりいい事はないと感じる。実際に嫌われてみないとわからないけど(笑)、外国人と言えども同じ国籍同士で固まる傾向にあるのでその中のコミュニティで誰が好きだとか嫌いだとかは確実にあると思う。でも、基本的に個人を尊重する傾向は日本より強いので日本より集団で寄ってたかって嫌なこと言われたり圧力をかけられたりということは少ないと感じる。

・上下関係は、非常に微妙で、上下関係よりも仕事が出来る人が認められる傾向にあると思う。だからと言って年長者へのリスペクトが全くないかというとそういうこともないけど、日本より確実に年長者とも「フレンドリーさ」はあると思う。

→ただ、一番の問題なのは僕は比較的大雑把な性格だと自他共に認められてると思うけどそれでも日本人なのか、外国人の仕事に対するひたすら効率と早さだけを求める「雑さ」は正直きになるところがある。僕の仕事は日本人のお客様が相手なのでこの辺りで非常に神経を張り巡らせてしまうところがある。

確かに外国人の仕事ぶりというのはとにかく「決められた時間の中で早く終わらせるか」という意識を持っている人が非常に多く、多少の細かいミスや雑な部分は意識していないように感じました。

ただ、実際に働いてみて、「お客様の立場」に立ってみたらどうだろうかと考えてみると、「とても満足とは言い切れない」と感じる点はどうしても僕の中に残ります。

これは完全に僕の持論になってしまいますが、

過剰にお客様を意識しすぎる必要はないけど、お客様から頂戴した代金分の価値は、単にモノやサービスを'売る'だけではなく、感謝の気持ちや人だからこそ出来る感情表現は最低限示すべき」だと思っています。日本人っぽいですか?(笑)

イギリスではスーパーマーケットのレジの人も大半の方は眠たそうにしているし無表情だからね。。。(笑)下手したらこっちが財布出すの遅かったりモタモタしてると明らかにウンザリした顔する人もいるよ(笑)

確かに日本の接客業やサービス業は「労働の割に待遇が見合わない」と言われることもよくあって、実際に働いている人の気持ちを考えると「日本は従業員に厳しくてお客様に甘すぎ」という事も事実だと思う。

日本だとコンビニや1000円もしない定食屋さんでも「感じ悪いな」と思う店員さんなんて滅多にいないですもんね。

確かに高い金額を払っていないものにきめ細やかな丁寧なサービスを求めていてはみんな疲弊してしまうという点においては、とても素直に生きているなぁと感じます(笑)

そうなんです、海外(イギリスに関しては)って結構「高い金払ってくれるんだったらそりゃあいいサービスしないとね!

というお金にとっても素直な所があるなと感じました。

イギリスや海外(多分)ではこれがスタンダードなのだと思う。

でも、働く側としては気が楽なんだと思うんですね。変なところに神経を張り巡らせてなくてもいいからストレスも掛かりにくい。でもお客様や周りにプラスの価値を与えることができているかと言うとそれはないだろうなと思いました。

確かに、外国人と働いているときは「確かに気は楽だよな笑」と思うことも正直あります(スイッチは完全OFFにはなりませんが笑)

両方に良いところと悪い所があるので、インターネットで見ているだけではわからなかった事だと思う。

インターネットだけで語り切れないことが今イギリスにいる僕の目の前には沢山あります。

目の前にあることも全てではないかもしれないし、とにかく体験、経験を重ねるしかないと思う。

引き続きイギリスでの海外生活をただ楽しむのではなくいろんな事を意識しながら自分の人生に役立てるようにしていきたいと思います( ´ ▽ ` )

最後まで読んで頂きましてありがとうございました( ^ω^ )