やりたい事は今から始めよう!
YMS2019、ワーホリ

イギリスにセカンドロックダウン到来したので現在の状況を分かりやすく書いてみた

イギリスに2度目のロックダウンがやってきました。

2020年はコロナウイルスの話題以外が大半を占めてしまったんじゃないかというぐらい、イギリスや僕の母国日本だけではなく世界全体がコロナウイルスの未知と強い感染力に脅威を感じながらの生活を強いられています。

そんな中で、イギリスに滞在している私ですが3月のロックダウンを経験しました。

正直、こんな体験が「いい経験」と言えるわけは全く以てないのですが、コロナ前の日常と全く違う社会をイギリスで見ているので発信していきたいと思います。

来るか来るかと言われていたセカンドロックダウンが遂に来てしまった

コロナウイルスの感染者数の増加が9月末から一気に増加してきたことにより、世間がざわついているということはラジオ、テレビ、新聞のニュースを見ていても分かりました。

日本だと1日に全国で1000人を超える感染者数が出ると騒がれているようにニュースを見る限り感じますが、イギリスやヨーロッパの人口が多い国では1日に1万人以上の感染者数が確認されています。

だからと言って日本が大丈夫でしょう!とは言えないですが、ヨーロッパでの感染拡大は本当に深刻ですよね。

死亡者数も11月19日現在、1日辺り500人前後と発表されていてコロナウイルスが原因で命を落とされている人々の数が半端ではありません。

やばいですよね。。。。

そして、2020年11月5日よりイギリスで2度目のロックダウンが行使されました。

今回のセカンドロックダウンでできなくなった事って?

今回のセカンドロックダウンで出来なくなった事がいくつかあります。

ただ、今回のセカンドロックダウンは前回のようにスーパーマーケット以外の必要最低限の業種以外は学校も含め全て閉鎖という状況とは少し違います。

セカンドロックダウンによって出来なくなったことを簡単に挙げてみると、、、

  • 小売店,、美容室、スポーツジムなどは全面閉鎖
  • 飲食店はお持ち帰りのみ可能(つまり店内飲食は屋外も含め全面禁止)
  • オフィスで働く人たちは大原則として在宅勤務をすること。
  • 可能な限りの外出を控える。

というところでしょうか。

集団でのスポーツはダメだけれども2人まで(バドミントンとか?)なら外限定でエクササイズはしていいとのことです。

但し、人の家に遊びに行くということは禁止されています。これは親族であってもダメなようです。

実際、細かいルールは他には沢山ありますが、直接生活に影響しそうなところはざっくりこれぐらいになります。

というように現在、これらのルールのもと、社会が回っていますが、

やっぱり街の雰囲気は暗くなった。

そして、

小売店でのお買い物や店内飲食が出来なくなると一気に人々の活気が無くなる。

と感じます。

マクドナルドもお持ち帰りは出来ても店内飲食が出来ないのでこのような形でテープで仕切りが入っていて、椅子も撤去されています。。。

なんか寂しいですよねぇ。

3月のファーストロックダウンに比べればスーパーマーケットから食べ物が無くなったりすることはなく、その辺りは人々が慣れてきているという様子は伺えます。

マスクをしない文化のイギリスでも今やほとんどの人がマスクをしてスーパーマーケットに入っていますし(法律ではマスクをせずにお店や公共交通機関を利用すると罰金)コロナ前に渡英した私じょへーの目でみてもイギリスの世の中が一気に変わったように感じます。

これはイギリスの首相ボリスジョンソンさんも言っていましたが、

「このような状況になってしまって本当に申し訳ないが、ロックダウンをしないと医療機関が完全に崩壊する」というイギリスとしても苦肉の策出会ったわけです。

本当にこればかりはじょへーとしてもどうすることも出来ませんが、コロナが憎い。。。と思ってしまうんですよね。

ロックダウンは2021年初頭も続くと思われる

今回のロックダウンは一旦は2020年の12月2日までと言われていますが、誰もこのロックダウンが1ヶ月で終わるとは思っていない雰囲気が漂っています。

そして、2020年のクリスマス前後に少しの期間だけ飲食店の店内飲食や小売店の営業ができるかもしれないということはイギリス政府もほのめかしていましたが、それ以降はやっぱり3月までロックダウンだろう。。。というほとんど全員が予想していることです。

それに、イギリスではロックダウンで営業停止になる業種の人たちに対して「休業補償(給料の8割)」を出しているので、何としてでも失業者で溢れかえった状況を避けたいという意図が感じ取れます。

この休業補償を2021年の3月まで延長するとあったので、

ロックダウンはそれまではほぼ確実にあるんだろうなぁと個人的に感じています。

あぁ。。。イギリスに滞在できるビザの期間がどんどん短くなっていく。。。(涙)

とにかく、イギリスに普通の日々が戻ることを願うばかりです。

落ち込む気持ちにならないように出来る限りのことを辛抱強くやって今を乗り切っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました( ^ω^ )