やりたい事は今から始めよう!
野球

【2021年プロ野球】パリーグ野手のタイトル争いを独自に予想してみた

2021年プロ野球のレギュラーシーズンは野球ファンにとっても楽しみです。

パリーグ野手のタイトル争い予想です!

外国人や新戦力はよほどのことではない限りこの予想に組み込む事は難しかったので、一旦は昨年の戦力をベースに予想してみました。

また、新型コロナウイルスの影響で外国人選手の入国がキャンプに間に合わない選手が大半を占めるため、シーズンを通して外国人選手の成績に影響する可能性は非常に高いのではないかと予想しています。

それでも、2021年のペナントレースも何とかして始まって欲しいという1人の野球ファンであるじょへーは常に願い続けているので、早速予想に行ってみましょう!

尚、セリーグ野手の予想はこちらの記事です。

【大予想】2021年パリーグ野手タイトル獲得はこの選手だ!

※流石に各タイトル1名に絞るのは無理があるので、各タイトル3名の候補を挙げます。

※また、シーズン成績の数字だけで明確に決定しない「ベストナイン」、「ゴールデングラブ」、「新人王」は流石にキャンプやオープン戦すら始まっていない上に不確定要素があまりにも多すぎるので今回のじょへー独自の予想リストからは省きます。

さぁ、いってみましょう!

【首位打者】

柳田悠岐(ソフトバンク)

昨年も吉田正尚との首位打者争いに8厘届かずの.342の2位でシーズンを終えましたが、ソフトバンクホークスに欠かせない主軸として活躍しました。2019年シーズン序盤の怪我で規定打席を遥かに下回る出場となり、また2020年シーズンもその影響は不安要素の一つでしたがシーズンが始まってみると、長打の面でも他の打者がどう考えても内野フライ、よくても浅い外野フライになるような泳ぎ方でもホームランや長打にしてしまう技術も身につけたことで他球団にとっての脅威が増しました。三振はやや多い打者ですが中途半端な打撃がないのでインフィールドに入った打球は何かしらヒットになる可能性を秘めており、2021年も大きな怪我がない限りはやはり首位打者候補になってくるのではないかと予想しました。

近藤健介(日本ハム)

パリーグを代表する好打者の近藤、毎年、首位打者争いを演じていますが未だに首位打者の獲得は惜しくもなっていません。その中でも選球眼も非常に高く、打数をたくさん重ねたシーズン終盤の打率が上がりにくい状況でも1本の安打で他の打者よりも四死球が多い分打率が上がりやすく、2021年も安定して首位打者争いに食い込んでくるのではないかと予想します。

西川遥輝(日本ハム)

いつか獲得するのでは、と思わせてくれる身体能力抜群の日本ハム不動のリードオフマン。2020年オフにはポスティングでのメジャーリーグ移籍を模索しましたが、交渉が不調に終わり日本ハムへの残留を決めました。どんな低い条件であってもメジャーでチャレンジしたいという西川の熱い気持ちは叶う事はできませんでしたが2021年こそは打率の面で大きく飛躍して欲しいという思いからノミネートさせていただきました。特に怪我による肩の不安などがマイナス材料ではないかと周囲からの声がありますが、俊足もまだまだ健在、打撃にしても今より素晴らしい成績が残せるという期待はできます。また、選球眼も非常にいいので出塁率も高く単純に打率、本塁打、打点だけでは評価できない非常に得点能力の高い選手であると言えます。

【本塁打王】

中田翔(日本ハム)

個人的に現在のプロ野球で一番好きな選手です。もちろん好きだけでノミネートしたわけではなく2020年は31本塁打で惜しくも本塁打王を獲得した楽天浅村の32本には届きませんでしたが、本拠地が非常に広い札幌ドームということを考えると31本の価値というのはタイトルに等しい価値があるでしょう。打率は.250前後とそこまで高くなく、これまでは本塁打よりも打点のイメージが強かった中田ですが、2020年から右方向にも長打が増えてきており、近年の傾向としては「本塁打王を取る選手はやはり逆方向にも運べる」という条件が揃ってきています。2021年は本塁打のタイトルにも期待選手です。

浅村栄斗(楽天)

昨シーズンは最後の最後まで日本ハム中田翔と本塁打王を争い見事にタイトル獲得となりました。西武時代より打率をやや落としながらも4番打者として本塁打を意識したのか、30本を超える本塁打を毎年打つようになりました。2021年も大本命として本塁打王のタイトル争いの候補に入ってくると予想します。

山川穂高(西武)

2018年、2019年ともしや50本も?と思わせるほど本塁打を量産し2年連続で本塁打王に輝いた山川ですが、2020年は怪我の影響も報道されるなど打率も規定打席到達者で最下位の.205、本塁打はリーグ5位の25本と本来の山川の姿からは考えられないぐらい非常に苦しんだ1年でした。万全に1年を戦えれば中田、浅村よりも間違いなく優位に立つだろうと思われる山川。非常に練習熱心な選手の1人であるため復活に期待したいものです。

【打点王】

中田翔(日本ハム)

2021年もダントツの打点王候補として挙げたい中田翔。個人的にも大ファンで、成績以上の活躍を期待してしまう選手です。近年、数字の解析が重視されており中田翔の得点圏打率は高くないという声がありますし、実際確かに他の打者に比べ得点圏打率は高くありません。しかし野球というスポーツは1人でやるものではないため、得点圏に何点取れたのか、どういう場面で打てたのかという事を考えると中田翔はその数字だけでは表せないチームが得点を欲しいここぞという場面で結果が残せる選手であると私は考えております。2021年も出塁率の高い西川、近藤がいますし、中田翔が2020年同様に活躍できるとチーム自体も昨年のような順位(5位)で終わる事は決してないと思います。

浅村栄斗(楽天)

やはり楽天の打線の中心として昨年は本塁打でリーグトップ、打点でリーグ2位(104打点)という素晴らしい成績を残した浅村が候補になってくると思います。近年は4番での出場がメインになっており打点が入りやすい打順であるということもノミネートの理由です。来年も中田翔、山川などパワフルな日本人打者でタイトル争いをする可能性は十分にあるのではないでしょうか。

山川穂高(西武)

本塁打王予想と全く同じになりますが、やはり西武ライオンズとしては山川の活躍ありきで2021年の戦略を練っていることでしょう。2020年の絶不調時のような事は流石に考えにくいという点と、やはり年間を通じて4番に座って活躍しなくてはいけない打者ということを考えるとシーズン前の予想としては山川の名前を挙げたいと思います。中田、浅村、山川で本塁打王、打点王のタイトル争いがあると個人的には毎日野球を見るのが楽しみになります。(ごめんなさいとても個人的で。。。)

【盗塁王】

周東右京(ソフトバンク)

2020年は50盗塁を記録し、2位の日本ハム西川に8個差をつけて堂々の盗塁王に輝いた秋冬。13試合連続盗塁成功という世界記録を打ち立てるなど走塁面では他の選手よりもワンランク上だという印象があります。特に昨年は他の選手に比べ試合数は100試合を超えているものの規定打席にも立っておらずその中での盗塁王ということは非常に価値があります。また、盗塁王は高齢化してくると比較的取れていない傾向もあるのでまだ来季でも25歳の周東がどれだけ盗塁ができるか注目です。また、打撃面でも年々成績を上げてきており3割を超えるような打率を残すようになると他球団からするとプレッシャーの掛かる打者となりそうです。

西川遥輝(日本ハム)

2020年は42盗塁でリーグ2位となりましたが、やはり速い。過去3度盗塁王に輝いている西川ですが、2019年に19盗塁と大きく盗塁数が減少したものの2020年見事に復活。2014年から毎年レギュラー外野手、トップバッターとして出続けている疲労感、特に札幌ドームの人工芝は負担が大きいと言われている中で2021年も期待はかかりますが、長く活躍している姿をみたい選手の1人なので無事に1年間戦えることを個人的には願います。

和田康士朗(ロッテ)

2020年は23盗塁でリーグ3位と2位の西川42盗塁に比べると19個少ないですが、出場試合はなんと71試合、打席数は69と上位2名に比べると圧倒的にチャンスが少ない中でこの盗塁数は来年にも期待が持てます。特に打率は.203ながら来年23歳と大卒ルーキーと同じ年齢ということを考えるとまだまだ伸び代は十分に期待していいと思いますし年間戦える体力と実力が備わってくるとロッテ不動のリードオフマンになる可能性も十分にあります。予想した3選手の中でも特に発展途上の選手のため更なる期待が持たれます。

タイトル予想は本当に難しい

はい、といったところで、パリーグ野手のタイトル争い予想をしてみましたが実際には昨年の成績順通りのようなノミネートになってしまった感が否めません。。。

しかし、パリーグの野手陣はセリーグよりも安定して上位争いをする傾向があり、更には2021年は外国人選手が新型コロナウイルスのビザの発給遅れが大いに想定される中なので案外この予想は的外れではない可能性もあります。

パリーグの選手は全体的に素人が見ていても映像で見る限りスイングが非常に強いように感じますし、パワフルさを感じるので見ていて気持ちがいいです。

特にメジャーに行きたかったが交渉が不調になった西川遥輝はまだまだ成績を伸ばして市場価値をどんどん上げて欲しいと期待したいですし、この他にもロッテに安田、藤原などどう考えても期待でしかない若手も多数います。

2021年のプロ野球がまた白熱するよう心から願います。

タイトル予想、当たればまたシーズンオフにドヤ顔で記事を書くので(笑)当たらなければ。。。。(笑)

最後まで読んでいただきましてありがとうございました( ^ω^ )

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す

3 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Anonymous
Anonymous
4 months ago

本塁打王は清宮幸太郎選手と予想