やりたい事は今から始めよう!
YMS2019、ワーホリ

【辛くても前を向くしかない】ほぼコロナ禍で過ごしたYMSでのイギリス生活

ほぼ、赤裸々に書きます!(ほぼって笑)

2021年4月初旬、ようやくイギリスではコロナ禍における規制緩和が始まろうとしています。

2020年は丸々1年間全然日常とは言えない世の中で、世界各地もそうだと思いますが、イギリスは特に厳しい規制の中で過ごさなければいけませんでした。

世界各地が苦しんでいる中で、僕はただ一人のそんなに世間としては重要ではないワーキングホリデー(イギリスではYMSと言います)でのイギリス滞在者でしたが、

僕がワーホリのビザでイギリスに滞在できる2年間は2019年9月〜2021年9月までの2年間なのです。

そして、僕が認識しているイギリスでのコロナ禍が2020年3月〜2021年4月現在進行中で、1年以上続いているんですね。

2021年4月現在コロナ禍がこれから2021年9月まで正常に戻るかどうかは分かりませんが恐らくそう簡単に世間が戻ることはないでしょう。

実際に自由に行動できた期間が2019年9月から2020年3月上旬ぐらいまでというところでしょうか。。。。

はい、、、ほとんどコロナ禍でした(泣)

具体的にコロナ禍で苦しかったこと

行動規制(イギリスは飲食店、小売店が閉店になるなど非常に厳しい規制がありました)で何もできないストレスはもちろんありましたが、何よりもイギリスで新しい出会いや人から得られる刺激、発見の機会が減ってしまっていることはほぼ間違いないと思います。

2020年8月ごろは飲食店なども店内飲食はできましたが、それでもソーシャルディスタンスや事前に約束して遊びに来た友達グループ以外の人との交流というのは、何となく暗黙の了解でタブーとされていたような雰囲気を感じました。

気にせずフレンドリーに話しかける人などは「ちょっとやばいやつ」とまではいかなくても、コロナ禍以前の状況よりは確実に人々の表情の裏側で躊躇しているように感じました。

もちろん、僕自身も「英語ができないけど勇気を出して話してみよう」ではなく、

「やばい人だと思われたり、相手が感染リスクを考えているかもしれないから話せない」といった感じでした。

コロナ禍までは1人でパブに行って話してくれる人ならどんどん積極的に英語が分からなくても何とかなるさ!の精神でやれていたのが夢の話のようです(泣きたくなるー笑)

初めてロックダウンになった2020年3月は本当に怖かったです。でもこちらで働いている仕事上、外に出なければいけなかったので当時は本当に精神的に苦しかったことを覚えています。

ただ、知り合いでコロナに感染した人は知っていますが、僕の近い人で命に関わるような話は聞いていないので僕も含めてそれだけはよかったなと思います。。。

辛かったのは行動規制や感染への恐怖心だけではなかった

確かにコロナで色々できなくなったことはありましたが、僕の中ではこのコロナ禍というかワーホリ中と言いましょうか、やっぱり結構キツい影響は受けました。

働いて得られる収入も激減しました。

コロナ禍の中で、僕の働いている業界もコロナの影響を受けたのですが、コロナ禍の状況だけが辛いというわけではなく、

このコロナ禍で人の嫌なところが沢山みたかもしれません。

今回はこれを深くお話ししないですが、(いうと愚痴みたいになってしまうのがあまり良くないのでお笑い話にれば表現するかもしれません。)ふとしたところで絶望を感じてしまうことが起こりました。

人の冷たさを感じましたし、自分の無力さを痛感しました。

日本に帰ろうかとも思いました。

ただ、今日本に帰ったところで何か良いことが、望むようなことがあるかといえばそうではありません。

この現実を自分自身で向き合うことが非常に辛かったです。

なので、せっかくワーホリとか関係なくイギリスに来ることが夢だった自分が今、どれだけ辛くてもイギリスにいるのだから命ある限り、周りが何を言おうと残ってやろうと決めました。

環境に頼ってばかりいないで前向くしかない

このコロナ禍で外的要因で何もしなくても、自分にプラスになることというのはなかなか起こらないと思うんですね。

でもそれはコロナ禍の前も、自分が絶望を味わう前もそうでした。環境に依存しすぎていたんですね。

僕はただ一人の弱い弱い力のない人間なんだ。

ということに気付くことができました。

正直いうとコロナ禍から絶望を味わうまでも、それなりにイギリスで生きてけてしまっていたというところに甘えが出て、英語の勉強だったり本当に突き詰めたいことをあまり本気に出来ませんでした。

もしかしたら、本来はそんな嫌なことは起こって欲しくなかったのですが、

この逆境を乗り越えられると新しいチャンスが来るのではないかと思うようになったんですね。とにかく信じて前を向いています。

カッコつけたような言葉になりましたが、

なりたい自分になるために他人が自分をどう思おうが関係はない、ただ、自分自身を納得させられないならそれは僕の場合は永遠に幸せになれない。

と思って、、、、

とにかく英語の勉強です( ;∀;)笑

すごくまとまりの悪い記事になってしまってすみません。

コメント、もしくはツイッターや各種SNSでのDMでも聞きたいこと、知りたいことあればいつでもお待ちしております!

時折、DMなどご連絡頂いている方の励ましやお礼の言葉、本当に感謝でいっぱいです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました( ^ω^ )

0 0 votes
Article Rating

コメントを残す